超セクシーな腹筋になれるポールダンスクラスとは?夏にビキニを着たいなら絶対参加!

ダイエット

ポールダンスは全身運動!腹筋を鍛えるスポーツとしておすすめ

ポールダンスと言えば、ポールを伝いながらゆったりとしたダンスでお客さんを魅了するイメージもあるかもしれません。

実際各地の有名なポールダンス教室では、アクロバットだけではなく、ハイヒールを履いたセクシーで華やかなダンスのレッスンも受けることもできます。
教室によってダンスクラスの呼び方は異なりますが、「セクシームーブメント」「フロアクラス」「ヒールクラス」といったクラス名で、音楽に合わせ、レッスン時間中に覚えられる簡単なムーブメントを教えてもらえます。

表現力と記憶力に自信がない筆者は、短時間でダンスを覚えるクラスにちょっとだけ苦手意識がありますが、覚えたあとの気持ち良さがクセになって、月1くらいのペースでダンスクラスを受講しています。

ところでセクシーなイメージのポールダンスですが、実はけっこうな筋トレ効果を感じる人も多いようです。

というのも、ゆったりとした音楽に振りを合わせようとすると、身体をブラさずにしないといけないから。
速いテンポに速い振りを合わせた場合と比べて、スローなポールダンスの振りはひとつひとつ目立つので、ごまかそうとする方が大変!

じりじりと焦らすような振りも、体幹を鍛えないとセクシーに見えません。
どこの教室でもダンスクラスは60分程度ですが、体幹や腹筋を使うため、短時間のようで終わってから筋肉痛になることもあります。
つまり継続してダンスクラスを受講すれば、ダイエットやボディメイク効果も期待できるのです!

こちらではダンスクラスが受講できる場所、必要な持ち物や実際のレッスン内容についてご紹介したいと思います。

記事後半では、初めてムーブメントクラスを受けるけど、自信がない!という人向けに、おすすめの腹筋を使った基礎練習を紹介しているので、ぜひ最後までお付き合いくださいね!

まずは気になる、ポールダンスのダンスが習える教室の情報から!

セクシーなダンスを習える東京都内のポールダンス教室は?

東京都内には、ポールダンスを習える教室がいくつかあります。
なかでも多くの受講生を抱える2つの教室では、世界大会やメディアで活躍する有名なインストラクター直々のダンスレッスンを受けることができるのでおすすめ!

それぞれ、ポールスポーツのためのトリッククラスと、セクシークラスがはっきり分かれていて、「フロアームーブメント」「セクシークラス」「ヒールコレオ」「ポールフロアーフロー」などと呼ばれるクラスで、セクシームーブメントを習うことができます。

【六本木・中目黒】POLISH(ポリッシュ)

アクセス良好!各地のショーで活躍するインストラクターが優しくフォローしてくれる教室

六本木と中目黒の2か所にスタジオを構えるPOLISHは、世界大会に出場する選手のほか、国内でも有数の音楽フェスやクラブで踊る現役ポールダンサーなど、数多くのインストラクターが在籍しています。
ダンスが習えるクラスも充実していて、仕事帰りにさっと立ち寄れる立地の良さも魅力です。

POLISH 六本木スタジオ

東京都港区六本木7-12-3
パワーハウスビルB-2B

POLISH 中目黒スタジオ

東京都目黒区上目黒1-6-5
森ビル3階

アクセス抜群のポールダンス教室POLISH公式サイト

【千駄ヶ谷】LUXURICA(ラグジュリカ)

国内のポールスポーツ先駆者がリクエストに応えるコスパ抜群の教室
渋谷区の千駄ヶ谷にあるラグジュリカは、日本のポールダンス界では名前を知らない人がいない、有名なポールダンサーが教えるポールダンス教室。
経験豊富なインストラクターのダンスレッスンなら、踊ってみたいジャンル、トリックを教えてもらえるかもしれません。

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-5 ヒロビルB1F

TEL :03-5942-5757
人気のポールダンス教室LUXURICA公式サイト

次は、ポールダンス教室を受講する前に用意しておきたい持ち物について紹介します!

ムーブメントクラス受講前に用意したい持ち物

ポールダンスのムーブメントクラスは、基本的に動きやすい服装を用意しておけばOK。
ただ、クラスによっては必ず用意しないといけない物がある場合もあります。
また用意しておくと快適にレッスンを受講できたり、ケガ予防につながるアイテムも。

ここからは初めてのムーブメントクラスを受ける前に用意したい、おすすめのアイテムをまとめています。

【ほぼ必需品!】ポールダンス用シューズ(ヒール)

まず、ポールダンスのムーブメントクラスを受講するうえで必須といってもおかしくないアイテムが、ポールダンス用のヒール。
ヒールを履いた状態は脚長効果があり、セクシーなダンスをより魅力的に引き立たせます。

ところでヒールとは言っても、ポールダンス用のヒールは普段見るヒールとはちょっと違います。
パフォーマンスが大きく見えるよう、ヒール部分が7インチ(17.8cm)以上の靴を履くことが多いんです。
日本では「プリザーヒール」というブランドのヒールを使用しているポールダンサーが多く、ムーブメントクラスを受けるときも、「ヒール必須」と書かれていたら、このプリザーヒール製の靴を持って行けばとりあえず安心。

なぜプリザーヒールが人気なのかというと、耐久性に優れ、デザインも豊富だから。
ムーブメントクラスでは、床を打ち付けたり、ときにはポールにのぼってアクロバットなトリックを入れた振りを入れるインストラクターもいます。
市販のヒールでは衝撃に耐えられない場合も多く、特にピンヒールは一発で折れてしまう可能性も。

プリザーヒールはポールダンサーが使うことも考慮され、ヒール部分の芯がしっかりと固定されています。
せっかくムーブメントクラスを受けるなら、ヒールも長く大切に使っていきたいですよね。
安くない買い物かもしれませんが、こちらで取り上げるプリザーヒールをはじめ、頑丈で安心して使えるヒールを選ぶようにしましょう。

ちなみにプリザーヒールは、Amazonよりも楽天の方が安くて種類も豊富。
試し履きができないのがネックですが、多くの商品はアンクルやつま先部分はビニールなので、わりと伸びてフィットしやすいですよ。
またポールダンス教室がまとめて輸入して販売していることもありますが、スタジオで購入するよりもネット通販の方がお得な場合が多いです。
初めての購入なら試し履きができるスタジオ購入もおすすめですが、2足目以降は便利で安く買える通販を使ってみてはいかがでしょうか?

 

【膝のアザ対策に!】ニーパッド


ムーブメントクラスに慣れてくると気になるのが、膝のアザ!!!
ムーブメントでは、座った状態から膝で滑り出したり支えたりする動作も多く、回数を重ねるごとに膝が真っ青なアザだらけになってしまうことも・・・

ちなみに筆者はレッスンで酷いアザができたにも関わらず膝上のスカートを履いて出かけて、友達に心配された経験がよくあります(笑)

アザができるだけならまだしも、何度も膝を使い続けると痛みが増し、ダンスに集中できなくなってしまいます。
そこでおすすめしたいのが、ニーパッド。
ふかふかのクッションで膝の衝撃を吸収してくれるので、よく使う片方の膝だけでもニーパッドを付けておくと格段に痛みを軽減できます。

ポールダンス用とうたったニーパッドは少ないので、バレーボール用のものから探してみると見つけやすいですよ。
ちなみに筆者はMighty Grip(マイティグリップ)製のニーパッドがお気に入り。
こちらのニーパッドは膝裏部分に滑りにくいエナメル生地が貼られているので、普通のニーパッドと異なり、ニーパッドを付けたままポールにのぼってトリックをすることもできます。

 

【スピン中に手首を守る】リストバンド

汗をさっと拭くためのリストバンドですが、ポールダンスでは別の目的で使っている人も少なくありません。
実際に教室に通ってみるとわかりやすいかもしれませんが、ポールを握って回るスピン技で手首を守るために使うのです。

ムーブメントクラスでもスピンを取り入れたダンスを教えるインストラクターが多いのですが、スピン中に軸となる手首が地味に痛くなるんですよね。
回転するとき、ポールと手首が擦れて、皮がめくれてしまうこともあります。
スピンでなくても、パッセなど片手でポールを握る振りがよく出てくるので、気づかないうちに手首を痛めてしまいがち。

ポールを握る手にリストバンドを付けていると、リストバンドが手首にかかる摩擦を和らげてくれるので、回転系の振りもやりやすくなります。
リストバンドもニーパッドと同じく、ポールダンス専用の商品がほとんどないため、ほかのスポーツ用として販売されているリストバンドから探してみてはいかがでしょうか?

 

【SNSにアップするときに便利】スパッツ・レギンス

ムーブメントクラスでは、開脚をしたり、ポールを使って足を旋回させたり、とにかく足を大きく使った動作をします。
せっかく覚えたダンスをSNSでアップしようとすることもあると思いますが、あまりに足を開いた動作が多いと、投稿を躊躇してしまうかもしれません。

ポールダンス教室では、スパッツやレギンスを着用してムーブメントクラスを受ける人も多くいます。
ポールにのぼったり、インストラクターから履かないように指示がない限りは、スパッツを履いておくといいかもしれません。

ちなみに筆者は足首まで隠れるレギンスよりも、少し脚長に見える七分丈のスパッツがお気に入りです。

編集者のsaraは股下がゆったりとしたボトムスも履いています。
キュッと締め付けられる感じが得意でなかったり、脚の太さがわかるのが恥ずかしい場合、このようなデザインのパンツもおすすめですよ。
股下のゆったりとしたボトムスは、ヨガウェアやダンスウェアとして取り扱っているブランドが多いので、よかったら参考にしてみてくださいね。

 

このあとは、ムーブメントクラスに挑戦する前に知っておくと楽になる、おすすめのトレーニングを紹介します。
ダンスクラスを受講した経験のある人も、基礎練習として試してみてください!

 

セクシーなムーブメントクラスの基礎練習に挑戦!

ポールダンスを習う教室、持ち物の準備ができたところで、いざ受講!
と言っても不安いっぱいな人も少なくないと思います。

実際にクラスで習うダンスの振り付けは予習できなくても、事前にレッスンが楽になるトレーニングをすることはできます!
トレーニングを重ねることで腹筋や体幹を鍛えることもできるので、レッスンで自信をもってお腹の開いた練習着を着ることもできるかも・・・!

ということで、ムーブメントクラスで役に立つ、脚と腹筋のトレーニングをご紹介します。
トレーニングとは言っても、ムーブメントクラスっぽいセクシーな動きなので、上達すればそのままポールダンスの振りにもなりますよ!

 
基礎練習①片足くるくる

片脚ずつ大きく円を描くようにまわします。(youtube参照)

超セクシーな腹筋になれるポールダンスクラスとは?ダイエットにも最適!

 

このとき下腹にも力を加え、つま先を伸ばす意識を忘れずまわしていきましょう。

 

基礎練習②両足くるくる
両脚揃えて大きく円を描くようにまわします。(youtube参照)

超セクシーな腹筋になれるポールダンスクラスとは?

 

既出のトレーニングと同じく、下腹にも力を加え、つま先を伸ばす意識を忘れずまわしていきましょう。
美しく回すにはお尻の位置も要チェック。
つま先とお尻の方向は同じになるようにすると、大きく円を描くことができます。

 

基礎練習③直線キープ

お腹と太ももをなるべく近くになるよう体勢を整え、横から見ると片脚が直線になるようにします。

手に力をかけるのではなく腹筋が必要になります。片脚キープ20秒を2セット。

 

ポールダンスのムーブメントでセクシーな腹筋を手に入れよう!

ポールダンスのムーブメントはゆったりとした動きの反面、じりじりと筋肉を使う体幹トレーニングにもなります。
インストラクターのセクシーな振り付けを楽しみながら、ボディメイキングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

またレッスンでなくても、こちらで紹介したようなトレーニングを自宅で行えるので、夏に向けてビキニをかわいく着こなしたい人など、身体を絞りたい人はぜひ挑戦してみてくださいね!

 

ダイエット
Poledance Navi