【エロは正義?】ポールダンスの衣装はどうして過激なの!?

ポールダンス初心者向け

ポールダンスの衣装が「エロい」理由は?なんで肌を出すの?

ショークラブで踊るポールダンサーは、露出度の高い衣装を着ていることが多いため、ポールダンスはセクシーでエロいイメージがあるかもしれません。
薄着で踊るのは、単にセクシーに魅せたいからという理由もあるかもしれませんが、それ以上に大切な理由があること、知っていますか?

今回は、ポールダンサーの衣装が露出度の高い理由について紹介したいと思います。
ただの「エロい恰好」だと思っていたら、時代遅れですよ~!

ポールダンスは露出が多いほど安全なスポーツ?


突然ですが、ステンレスなどの金属の食器類を布巾でこすると、強く摩擦をかけてもツルツルと滑りますよね。
では手でこすってみると、同じように滑るでしょうか?
そんなことはありません。特に乾燥していない手なら、キュッキュッと動きが止められることがあります。

ポールダンスは、このような金属のポールと肌の摩擦を利用して演技をするスポーツです。

ポールダンスをする人がポールに支えられている理由は、当然ですが体のどこかとポールが触れ合っているから。
さらにその肌とポールが触れ合っている部分に摩擦が生じることで、体は空中に浮かぶようにぴたりと止まるのです。

もし、ポールと摩擦をかけたい体の部位が布に覆われていたら、食器に布巾を当てたときのようにツルっと滑ってしまいます。
そしてポールダンスは、脇や膝だけではなく、首筋、腕の内側、横腹、お腹の正面、おへそ、太もも、膝、足裏など、さまざまな体の部位をポールに当てる技が存在します。
上級者ほど複雑な技に挑戦するため、この部位以外にも布で覆えない箇所があるかもしれませんね。

ここまで読んでいるとピンとくるかもしれませんが、ポールダンスはとにかく肌を露出しているほど安全なんです。
自分がポールに当てる体の部位を露出していることで、ポールからの落下を防ぐことができるんです。

ポールダンサーはどうしてハイヒールを履くの?

ポールダンス
ショークラブのセクシーなポールダンサーは、露出の多い服のほかに、見上げるほど高いハイヒールやオープンヒールを履いているイメージがありませんか?
彼女たちが高ヒールを履いている理由はいくつかありますが、大きな理由のひとつに、自分を美しく引き立てるため、があります。
厚底の靴は脚を長く見せる効果が期待できますし、ヒールのある靴を履くとふくらはぎがキュッと締まるので、厚底で高ヒールの靴は、脚を長く、華奢に見せられるのです。
せっかく美しいダンスを披露するなら、なるべく自分自体のブランディングもしておきたいもの。
そうすることで、ダンスで表現したい世界観を自信をもって作りやすくなったり、お客さんを引き込みやすくもなります。

ポールダンス
そのほかにも、ポールダンスではヒールを履くことのメリットがいくつかあります。
①ヒールの重さで、技が完成したときの膝が伸びやすくなる。
 ダンス経験者は想像がしやすいと思いますが、伸ばすべきタイミングで膝や足先が伸び切っていないと、完成度がぐっと落ちてしまうんですよね。
 しかし、意識してもどうしても膝を伸ばすのを忘れてしまうこともあるので、ヒールのほど良い重さで最後の「ひと伸ばし」ができて助かる人も多いんです。

②ヒールの高さを活用すると難易度が下がる技がある。
 体を反らせてつま先をつかんだり、床から体を持ち上げてポールにのぼったりするとき、ヒールの高さが補助的な役割をすることがあります。
 例えばうつぶせになり、体を反らせてつま先を手でつかむとしましょう。そのときに厚底のヒールを履いていると、ヒールの軸を握る方がつま先をつかむより簡単に感じると思います。

ポールダンスの大会ではヒールを履かない人が多い?


メリットの多いハイヒールですが、ショーではなく、ポールダンスの大会では不利になることがあります。
ポールダンスの大会とは、ポールダンスの技の美しさや難易度を競うもの。世界ではもちろん、国内でも開催されています。

肌の露出についてもお話ししましたが、ポールダンスは上級者ほどさまざまな部位をポールに当てて体を支えます。
足裏も例外ではなく、難易度の高い足裏を使った技をするために、敢えてヒールを履かない選手は少なくありません。
具体的に言うと、ロシアンスプリット、スター、簡単な技ですがボックスなど、日々足裏を使ったポールダンスの技は増えています。

ポールダンサーは、ショーでお客さんを魅了するのか、大会で審査員に評価されるのか、目的によってヒールを履くか履かないかを選んでいるのですね。
※プロのポールダンサーは、ショーでも大会でも、さらにはインストラクターとしても活躍しているので、ヒールの履く履かないの選択は日常的なことなのでしょう。

これからポールダンスを習う人に選んでほしい!おすすめの練習着

ポールダンス

ところで、ポールダンスに興味があって、これから習ってみたい人もいるのではないでしょうか?
ここまで安全のために露出は増やす・ヒールは目的に合わせて履くか決めると紹介してきましたが、初心者の場合は具体的にどのような恰好で練習すればいいのでしょうか?

話の流れだと、安全のためにブラとパンツ、素足がベスト!ですが、さすがにいきなり下着で教室に入るのは、ちょっと気になりますよね(笑)

私のおすすめは、背中がクロスになっているタイプのスポブラ
もちろん普通のブラジャーのようなトップスでも問題ないのですが、背中がこのようにクロスデザインだと、肩や腕がより上がりやすくなり、練習しやすくなりますよ!

あと、ボトムスですね。

(自称)ポールダンス中級者の私は、ショートパンツを履いています。
初心者のうちは習う技の数が少ないので、膝上丈であれば大丈夫ですが、上達するためには内ももが隠れない丈を用意することをおすすめします。
とは言っても、国内ではそんな短い丈のボトムスはリアルパンツ以外なかなか見かけませんよね。
私の場合はブラジリアンカットの水着の下を使うこともありますが、お尻の下をポールに当てる技に挑戦しないうちは、ボクサーパンツや普通の水着のボトムスでもいいと思います。

ポールダンス

ポールダンスの練習後で、ポールに当てていた太ももが赤くなっています(笑)

下がパンツのようにしっかり密着しているものだと、邪魔になりくくておすすめです。

発表会衣装/コスチュームのおすすめ記事はこちら

 


初心者向け
Poledance Navi