ポールダンスを始めた理由は?ダイエット効果は?練習歴8年の私が初心者向けに魅力をレポート!

ポールダンス自己紹介

ポールダンスと私

運動音痴と言われ続けた学生時代。
逆上がりすら出来ない私を見かねて鉄棒をプレゼントしてくれた両親。
英語でのコミュニケーション不慣れな私が
ポールを始めると伝えると鼻で笑った留学エージェント。

こんな私でも8年も飽きることなく習い続けているポールダンス。
自己紹介も兼ねて書いていきたいと思います。

ポールダンスを始めたきっかけ

女子高生時代から、他人がしていないことにチャレンジすることが好きな人間でした。

レポーターや読者モデル活動が等禁止されていながら、
隙を見ては色々な活動に参加していました。
しかし校則違反のため雑誌やフリーマガジンで掲載されるたび、呼び出しを受けこっぴどく叱られていました。

大学に入学後も飽きることなく活動。
大学4回生、さぁ就職活動!となった2010年の秋(時すでに遅し…)、
私は母に伝えたのです。
「留学するわ」と。
幸い我が家は少し変わった家族なので、
驚きもせず「どこの国にするー?」
「早く手続しなきゃねー」という程度でした。

そんなこんなで2か月の準備期間を得て、
オーストラリア・シドニーへ。

知り合いのいない国で、始めは語学学校へ通い、
英語脳を鍛える。

しかしやはりアジア人は特に群れる傾向にある。

これでは生の英語を使う機会は少ないし、何のために異国へ来たのか分からない。

英語必須の環境を創るために、
習い事をしようということで、
Gym…
ZUMBA…
FRA…
YOGA….

あ!!ポールダンス!となったわけです。

つたない英語を駆使し、
studio Verve(現poleathletica)というスタジオに連絡を入れました。

「英語が出来ないですが見学しても大丈夫でしょうか」

この英文でさえ間違っていたかと推測されますが、
スタジオの答えは勿論welcome!!

ポールダンス
一番初めのスタジオにて。

ポールダンスの魅力は無限大

正直なところ、私もみなさんが想像している通り、
ポールはかなり露出度が高くセクシャルで腰をくねくねさせているだけだと思っていました。

見学当日ウォーミングアップにも参加し、
私にとってポールを握る初めての日になりました。
腰をくねくねしない!セクシャルさゼロ!

30分のウォーミングアップ、
これ元帰宅部である(運動経験のない)私には本当にきつかったです。
腕の筋力だけで、バランスをとり身体を支えることが出来ずプランクもプッシュアップもだめ。

腹筋なんて皆無で、シットアップすらだめ。

本当、私は何をしにここに来たのかと問う次元でした。
しかし元新体操選手のインストラクターのポールトリックは、
とても丁寧で軽やかで(柔軟性やバランスなんて今まで出会った先生の中でずば抜けてハイスキル)
先生のトリックを見るたび、こんなトリックも挑戦してみたいという気持ちが高まり、
ビギナーながらも徐々に挑戦出来るトリックも多くなりました。

 

私はこの「実際に目で見て分かる上達度」がとても魅力的で、
すぐ虜になりました。

誰もが持ち備えている「承認欲求」を満たすモノがポールだと思っています。

ポールダンスのトリックははじめから簡単に出来る訳ではありません。
順序を踏み、沢山練習しても自分には向いていない技もあります。

それはもうこんな時もあります…。

できるから楽しいではなく
できるようになるから楽しい。
というのがこんなにも長く続けられる理由だと感じています。

勿論これはポールダンスに限らず、
華道やピアノなども同類であると思いますが、
目に見えて(他人から見ても)カタチになっていることは、
人間に必要な認められる欲求を十分に満たしてくれるのです。

写真や動画に納めているとより分かり易いですが、
柔軟性/バランス/パワー/フロアーワーク/音合わせ、
やはりどれをとっても半年前の自分と現在の自分のスキルは違います。

明らかに違います

例えば柔軟。
身体能力も柔軟もパワーもない私が7年ポールを続けていくと…

【Before/2013】

ポールダンス

⇒【After/2017】

ポールダンス

このようになりました。

トリック一つ完成させるのに、個人差はありますが半年以上かかるものもあります。
それが出来たときの達成感。
またインストラクターや他の生徒に褒められる、
または尊敬される承認されている気持ちよさはこれ以上ないです。

何度も練習して出来るトリックなので勿論嬉しいものですよね。

最近では「謎技」と言うインスタグラムで流行っているトリック(名前がない技)にも挑戦しています。

 

日本初のポールダンスに特化したキュレーションメディアであるポールダンスナビでは
国内外問わずポールダンスを習ってきた私の経験から、
ダイエットの効果、注目すべきプロ、初心者さんでも出来るトリックなどを
独自の目線でお伝えできたらと思っています。

運動の苦手な私ですが
大好きなポールダンス、そしてこのポールダンスナビを通じて
今まで挑戦したこともなかった他のスポーツにも挑戦しています。
アスリートの方からの取材依頼などもお待ちしております!

お時間のあるときに是非↓




自己紹介
Poledance Navi