ポールダンスの柔軟におすすめ!ストレッチバンドで簡単「ながら」家トレ【画像・使い方】

ポールダンス柔軟

ポールダンスは柔軟性が命!けが予防や技術向上にも

ポールダンスは、体が柔らかくてこそできるスポーツです。

ポールダンスの国際大会でも、「Flexibility(フレキシビリティ=柔軟性)」という採点項目があるほど、ポールダンスでは体の柔らかさが評価につながります。
というのも、ポールダンスには、体の柔軟性がないとできない技がたくさんあるんです。

もちろん瞬発力などパワーを使ってできる技もありますが、体が柔らかいとけがの予防にもなりますし、どの技の基盤にもなる要素だと思います。
そんなポールダンスに欠かせない柔軟ですが、家でのストレッチで伸ばすこともできますよ。
こちらでは、小物を使って「家トレ」の幅をさらに広げるストレッチを紹介していきます。

「バレエバンド」を使った簡単ストレッチに挑戦!

ポールダンス初心者
小物と言っても、今回は初心者でもすぐに使える、万人向けのアイテムを使おうと思います。

世界中のバレリーナやダンサー御用達のダンス用品専門ブランドChacotto(チャコット)のストレッチバンド

まずはバレエバンドを作っているチャコットについて、簡単に見てみましょう。

チャコット

チャコット株式会社は、日本のバレエ用品企業。株式会社オンワード樫山グループ傘下。日本スポーツダンス振興会会員。国内の各種バレエ公演で協賛企業としてスポンサー活動を行っている。チャコットという企業名称は創業者の土屋誠(ツチヤマコト)の「マ」を抜いたもの。1987年のフリード・オブ・ロンドン買収は土屋の以前からの夢であり、彼がチャコットを創業したときからの憧れのバレエ用品会社であった。

(出展:wikipedia)

(チャコットのお店の名前の由来は知らなかった・・・!)

バレエはもちろん、ダンスの経験がある人は一度はお世話になったことのあるブランドかもしれません。
レオタードやバレエシューズ、発表会用の汗で落ちにくくて血色を良くみせるコスメまで、ダンスに関係するグッズを幅広く取り扱っていますよ。
チャコットでは、ダンサーのストレッチ用グッズも取り扱っています。

そのなかでもバレエバンドを使う理由は大きく3つ!

理由①身体を正しいポジションに導くことができる

理由②ソフトな素材で手足に食い込みにくく痛くない!

理由③筋力が少ない人でも簡単に使える強度

ストレッチ用に使うゴムバンドの多くは、スポーツ経験のある人やある程度筋力がある人向けに強度があります。
一方でチャコットのバレエバンドは、これから運動の習慣をつけたい人や、筋力に自信がない人でも扱いやすいように、やわらかいバンドで作られています。
もちろんストレッチに慣れてきたら、強度の高いもの、ある程度のバランスや体幹が必要なストレッチにも挑戦できる仕様なので、長く使うことができますよ♪

ポールダンスの練習にもおすすめ!ストレッチバンドの使い方

さあ、それではさっそく、バレエバンドを使ったトレーニングに挑戦してみましょう!

両足に取り付けて開脚をする股関節のストレッチは、座って膝が曲がった状態でバンドを装着します。
ポールがある場合はポールの後ろにバンドを通してから、座った状態で膝を曲げ両足に付けます。

ポールダンス

しっかり伸ばせるようになるまでは、多少膝が曲がっていても問題ありません。
無理をせず少しずつ伸ばしていきましょう。

ポールダンス

両脚が両サイドに十分伸びてきたら、前へ腕で歩きおへそから床につけ上半身をおとしてみましょう。

ポールダンス

余裕がある人は、お尻の後ろにヨガブロックなど高さを調整できるアイテムを入れて、強度を上げてみてくださいね。

ポールにバレエバンドを巻きつけてトレーニング!

ポールはステンなので、巻きつけると滑りますが、上半身の重心を下に向けること両手で支えることにより身体を固定出来ます。

これは股関節や背中の柔軟だけでなく、バランス感覚にもお勧めのトレーニング方法です。

ポールダンス

毎日続けることが難しくても、気が向いたときに正しいやり方でストレッチすることにより、継続するきっかけになります。

別記事(ポールダンスとの出会い)にも書いていますが、
私もはじめは身体が堅く挑戦したいトリックに対し、カタチすら作れないビギナーでした。

だからこそTVを観ているとき、携帯をいじっているとき、お菓子を食べながらでもヨガマットを敷き、ながら柔軟からスタートしていました。

勿論忙しいときに無理をする必要はない!と思っています。
ふと気づいたときが数回続くと習慣になるのかなと感じています。

今後も「ポールダンス×○○」の記事を発信していくのでお楽しみに♪

柔軟
Poledance Navi